賢志のブログ

丸野賢志詩集

旭日

 健やかなる時も、病める時も、豊かなる時も、貧しき時にも、悩める時も、覚る時も、旭日の陽は、東の空から出現し、生命の輪郭を露わにします。 又、人の心にも希望がある限り心の襞を明るく照らし、今日を生き抜く使命を呼び覚ましてくれます。 悩める時にこそ心に希望の種を蒔き、旭日から齎される大いなる恵みに報恩感謝していくのです。 報恩感謝の心は人の生命を豊かにし、より豊穣な恵みを受ける事が出来ます。 心の善き土壌に希望の種を蒔き、その種を慈しむところに、未来の栄光・心の宝が咲き誇るのではないでしょうか。  又希望とは、誓願の祈りによって成就するのではないでしょうか。 真摯なる祈りなき荒野には、枯れ枝しか残りません。 その荒れ果てた荒野を人の心に譬えて言うならば、希望の陽を見失った心は虚無となり、歩むべき道もその指標も無明の闇に覆われ、本尊を捨ててしまいがちです。 無明の闇に呑み込まれそうになった時にこそ祈るのです。 祈りの中でもがき、自問するのです。 自分は如何なる使命を持って生まれてきたのか。 自分の心に何故負の感情が涌いてくるのか。 自分が今日を生きる意義とは何なのか。 自分の心を虚ろにする因果とは何なのか。 自分の存在とは何なのか。 あなたにも、私にもこの本源的煩悩が具わっています。 又同時に、本源的煩悩に侵されながらも、諦める事無く希望の種を蒔き続けるところに、自分の境涯革命の真の意義があるのではないでしょうか。 そして境涯革命によって開かれた、尊極の生命境涯で智慧の宝珠を分かち合う振る舞いこそが衆生の飢え、渇きを癒し救い往けるのではないでしょうか。 最後に、境涯革命によって開かれた、尊極の生命はまさしく旭日の陽であると私は述べたい。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。