賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

四季の励まし


 蒼天の彼方に綺羅星輝き
 固き祈りをそっと一念に定めるあなたよ


 冬の樹々が固き蕾を孕み
 春の開花を待ち焦がれるように
 あなたも又譬え難き幸福を欲しては
 頑なに苦しみに耐え抜いている


 長い時間と現実を捉えては
 哀しみ涙するあなたよ


 生老病死を生ある者の定めと知り
 この世の森羅万象の終始に
 執着するあまり無明の闇に
 心かき乱すことなかれ


 あなたはあなたらしく生きる術を
 生まれながらに具え持ち
 磨けば磨くほどに輝く明鏡に映る
 あなたの法性を信じ抜くのだ


 あなたは旭日の恵みを知り
 報恩感謝の祈りを絶やさない
 それこそが今生人界の
 諸願満足の因となっていくのだ


 あなたはあなたらしく受容性豊かに
 生き抜くことを切に願う


 愛するあなたへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。