賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

心の小窓を開いて―愛するあなたへ

 頑なな貴女の心の小窓をそっと叩く
 赫々と昇る太陽の温もりを
 貴女に届けたくて
 蒼穹を飛び回る鳥たちの囀りを
 貴女に届けたくて
 試練の冬を乗り越え
 生き生きと芽吹く生命の息吹を
 貴女に届けたくて
 今日も貴女の心の小窓をそっと叩く
 そっと愛の言葉を囁き唱え
 無表情な仮面を貴女は脱ぎ去り
 微笑を浮かべて
 自由の園に降り立つことを夢見て
 愛の賛歌を捧げ続ける
 それが私の愛のかたち
 貴女に届けこの愛の詩

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。