賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

生命の詩



 己の生命の輝きは
 三千世界の法性真如の明鏡に映し出される


 己心の内に三千の境涯が存在することを
 覚った時にこそ法性の振舞によって


 絶体の幸福が訪れ
 衆生の数多の生命をも照らし輝かせる


 絶体の陽が東から西へと移り
 変わるのが絶対原理であるように


 我々生命への恵みもまた
 己心に具わる法身の性を
 自覚することから得られる


 人の持つ四苦 生老病死もまた
 定めと知り楽とならんがために


 人は葛藤 迷いを打ち払い
 自ら乗り越えていくことで
 幸福の因を導き出せるのだ


 愛するあなたよ愛しき君よ
 全生命に諸天の加護あれ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。