賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

関係と絆-愛するあなたへ
十九
 斜陽に浮かぶ輝きと翳り
 不信から起こる迷いに満ちたあなたの生命に
 諸天・十方が動くその時を待って
 あなたの生命に問いかけよう


 この世の森羅万象の欠片を拾いし者よ
 絶対の幸福を求めし者よ
 己心の内に希望の灯を見出せぬ者よ
 大宇宙を貫く生命の法則に抗い
 混迷するあなたよ


 人としての営みは瞬間の瞬きに過ぎず
 されど私とあなたの関係は三世永遠なり
 そう説き続けて久しからず


 敬愛してなお偉大なるあなたよ
 あなたは無限の可能性を元来的に具え持ち
 希望という種をあなたの心肝に
 植え開花させることが私の使命
 願いなのです


 あなたにとっての希望とは
 燦々と輝く星の瞬きに似たり
 永遠の営みを瞬間の瞬きに見せ
 愁いと期待を齎し一喜一憂する
 あなたの生命を抱きとめることが
 私の唯一の絶対幸福なのだから


 深き祈りがあなたの心肝に届く日そのまで
 謳い続けようこの愛の詩
 愛するあなたへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。