賢志のブログ

丸野賢志詩集

賢志の日記

輝き
 今日8月26日ボランティアイベントである24時間テレビを見ていた。
幼き頃は病弱だった若き青年は無謀とも見えるチャレンジを成し遂げた。
物事の捉え方が根本から違い、人の可能性を示してくれた。
どんな重病も、どんな障がいも捉え方や絶対成し遂げるという目標、使命感を
見出した時に、人は強くなる。
誰にでも具わる尊極なる生命の輝きは、私にもあなたにも具わっている。
御本尊(帰依する絶対的存在)を信じ抜く心の力、それが力になることを確信した。
私も様々な重病障がいを経験して、乗り越えるという無謀ともいうチャレンジを乗り越えてきた。
40歳まで生きられるかどうかの宣告を乗り越え今年50歳の佳節を迎えた。
まだまだ自分の生命力は健在である。
過信することなく、支えてくれる人々に感謝しながら、100歳まで病める人々を励まし続ける、
それが私の使命と決めたのだから、やり抜く事が私の目標である。
私が生きている限り「心の詩」を贈り続けるそれが私の約束です。
愛しきあなたに元気になってもらうことが私の幸せであることを忘れないで下さい。
愛しきあなたへ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。