賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

関係と絆-愛するあなたへ

 あなたの心に熱き情熱が戻った
 私とあなたの心にくすぶり鈍っていた感受性が
 いちじんの風に揺らされ
 砂と共に広大な蒼穹に飛び散っていった
 もはや戻ることのない過去を振り返ることなく
 頑なな小窓を開放し
 新たな若芽の息吹を生命全体で感じながら
 眼前の光景に心を投げ出す


 あなたの心に希望の陽が灯った
 私とあなたの心に纏綿していた不安が
 いちじんの風にのって
 蒼穹のかなたに飛び去っていった
 もはや互いの心には障害となっていた
 頑なな小窓は存在しない


 あなたと私の心に幸福の若芽が芽吹いた
 私とあなたの心に信頼という絆が
 いちじんの風の中で固く結ばれ
 永遠という時の渦中にある全ての実相を確信した
 もはや嘆き 迷いのない安穏な浄土を
 歩み始めたあなたと私
 三世永遠の愛を誓い共に
 病める時も 健やかなるときも
 貧しき時も 富める時も
 混迷する時も 聡明な時も
 たがいに支えとなりながら生きていくことを
 心から希む
 愛するあなたへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。