賢志のブログ

丸野賢志詩集

個性を自覚して生きること

私は生まれながらに他にはない個性を持っている!!


脳の障がいを持ち続け、49年の歳月が流れた


けれどこんな自分を障がい者だと卑下したことはない


むしろこの障がいは生まれながらの個性であり、


磨けば磨くほどに、他に無い魅力を発する原石であると考えている


如何様にして磨くのか⁉


それは、人それぞれの視点・価値は異なることから


人と比較して悲嘆するものではない


自分にしかない魅力を引き出し、


自他のために生きる事を喜びと捉え、報恩感謝していくところに


苦しみの境涯を転換していく機縁が生じる


また「桜梅桃李」の生き方を貫いていくために必要な


善き規範を自身の内に定め、実践していくが肝心であると思う


心の中でいかに良い発想が生じたとしても、実践していかなければ、


結果は出ないばかりか、無明の(迷い・無知)境涯ゆえの


多くの過ちを生むことになる


私はこれまで数えきれない位人の心に触れてきた


そして今もまた目の前のあなたと向き合っている


あなたの苦しみの本質は生まれながらにもつ宿業


限りある人の生命活動に向き合ったときに生じる


本源的な苦悩「生・老・病・死」に由来して発生している葛藤


自分と向き合う覚悟を決められたならば、


私とともに「心」について考えて参りましょう(^◇^)


本抄は「心の詩」に書き下ろす前のお手紙で、「心の詩」は相談者の方と共に悩み同苦し、乗り越えて生まれた経緯がある詩です。


本抄を投稿するのは2回目ですが、改めて考えて頂きたいテーマですので、今後も不定期に続けたいと思います。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。