賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩の起こりとエピソード

「心の詩」はある精神障がいで悩み、自分の価値を見出せず好きな人に素直になれない自分を責め続けるあなたに贈ります。それが「心の詩」の起こりです。私は19歳から宗教を通じて数千人とコミュニケーションを取ってきました。時には意気投合する時もあれば仲たがいすることもありました。しかし決して人を憎まないのが自身の宝です。私は今ライターとなりましたが、それもある障がいで苦しむその人との約束で、周りにいる方々と違う一面を持ち、困難と思うことも、自分らしさ、桜梅桃李の生き方を見出し貫く事で困難は、大きな可能性に変わることを説き続けてきました。ここで心の詩掲載の主旨活動内容を確認していくために第一部から投稿して参りたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。