賢志のブログ

丸野賢志詩集

輝ける生命-2

二  
生命とは有形と云えば無形であり  
無形と云えばその実態は如実に現れる  
法性の明鏡に翳せばその姿は実相となる  
これこそが生命の妙である  
生命は磨けば磨くほどに輝きを増し  
他の生命をも輝かせる  
常に輝ける生命に触れ続け  
触発されるわが生命を  
我が己心の器を苗床に定めて  
生死生死と繰り返す三世の生命に  
無限の可能性を見出し変革しゆくのだ  
生死の悩み・苦しみをはなれ  
常楽我浄の境地を得んがために  
様々な行を試みてきた  
ゆえにわが生命は一段と輝きを増し  
わが生命境涯が六道を離れ  
さらに境涯が開けたのだ  
深き祈りと行動こそわが生命を一乗へと導く  
唯一の道なのだ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。