賢志のブログ

丸野賢志詩集

心どこかに-7

 今宵も夜が耽って参りました
ウィスキーグラス片手に 愛読書に心奪われます
今宵は生命の尊厳と多様な個性について
思いを巡らせて参りましょう
時は、1942年7月、第二次世界大戦中
ドイツ・フランクフルト・アムステルダムで
生を受け13年を迎えた
アンネリース・マリー・フランクの尊き生涯
に焦点を当て戦争・人種差別の悲惨について
考えて参りましょう
当時国家社会主義ドイツ労働党、
通称「ナチス」の掲げる反ユダヤ主義によって
ドイツ国内ばかりでなく、
占領地オランダに
居住するユダヤ系ドイツ人を中心に 弾圧、
大量虐殺事件を起こしておりました
次回は反ユダヤ主義の背景について考えて往きたい と思います。
 See you next time!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。