賢志のブログ

丸野賢志詩集

「あなたへの手紙」-2

「桜・梅・桃・李」の生き方を互いに尊重する姿勢こそが平和で、安穏な生活を送る要諦となってくると思います。一家庭単位から世界規模にスケールアップしても同じ道理だとおもいます。桜は桜、梅は梅、桃は桃、李は李(すもも)それぞれは、種類、形、咲く時期、寿命、香等の特性は違います。しかしそれぞれに、他にはない魅力があり、それぞれ楽しみ方も違います。人もまたその個性はさまざまですが、自分のおかれた環境の中で、他人と自分を比較せず、自分らしい生き方が出来れば素晴らしいし、更に相手の素晴らしい魅力を尊重し、褒め称える心が加われば争いの火種が起こってこないと思います。そして互いにたがいの良い面を引き出していく事でより強い信頼関係が生まれてくると確信してます。昨今では「俺が俺が」と自己中心的な生き方をする中でさまざまな傷ましい事件が多発しています。「桜梅桃李」の生き方とは、決してそのような自己中心的な考え方では、実現して行かないと思います。人を愛することは、「桜梅桃李」の生き方を貫いた延長で芽生える感情だと思います。人を愛する素晴らしさを知っている人は決して自分を傷つけたりしませんし、相手に対しても、又然りです。自分には自分しかない魅力を誰しも持っています。芥川龍之介氏の「羅生門」に出てくる悪人にも、蜘蛛を殺生しない優しさが具わっているように、我々一人一人にも、素晴らしい種が具わっており、「桜梅桃李」の生き方をしていく事で、見事に花は咲き輝いていけると信じます。「自分らしく生きる」ことについて私と考えていきませんか。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。