賢志のブログ

丸野賢志詩集

心の詩2

あなたへの手紙

 あなたが何に悩み 何に迷うのか
 その答えを私は探し続ける
 一片の曇りなき眼で物事を見定め
 諭続けてきた
 本当の答えはあなたの胸の内にあることは
 誰の目にも明らか
 あなたを支え続け共に悩むことに
 大いなる意義がある
 私とあなたの関係は
 野に咲く秋桜に似たり
 可憐な花が風になびいても
 強き幹がその頭を支え
 右に左に大風をも受け流す
 支え無くして可憐な表情は無し
 可憐な花無くして強き支えの意義なし
 あなたと私はそんな関係
 あなたに定めあるならば
 私がその目盲いた目の代わりに
 あなたのその耳元で魔法の言葉を
 囁き続けようその本質を見定めよう
 私は常にあなたと共にありなん
 愛するあなたへ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。